homesitemap
近代・現代陶芸の多彩なコレクション・土と炎が織りなす美の世界  

美術館のご案内館内のご案内民芸作家と展示品展示品のご紹介

 


静かな住宅街の中にある邸宅美術館。
美術館には近代現代陶芸品・絵画等約650 点あまりを常設展示しており、 1,000 点をこえる美術品を所蔵しています。
美術館創設者が民芸運動を支持したことから、当初は濱田庄司や河井寛次郎ら、民芸運動に参画した陶芸家の作品がコレクションの主でした。
しかし、充実した展示内容とするべく民芸運動にかかわらず、近現代陶芸品の名作を幅広くコレクションしています。

1 階メイン展示室には、中央にレイアウトされた彫刻家・平櫛田中の代表作『鏡獅子』をとり囲むように陶磁器を展示しており、フロアや壁面にイラン大理石をふんだんに使い、とても重厚な雰囲気となっています。
2階には絵画展示室も付属しています。
落ち着いた雰囲気のなかで、気に入った作品をじっくりと心ゆくまで鑑賞してください。


 
奥内陶芸美術館
〒561-0884
大阪府豊中市岡町北 3-8-1
TEL:06-6852-3842


展示風景
pagetopsitepolicy
copyright (c) Okuuchi Tougei Museum all rights reserved.